労働環境の安全衛生についての規格「OHSAS18001」

国際的に認知されている唯一の労働安全衛生に関する規格がOHSAS18001です。労働安全衛生に関する管理体制を規定した規格で、約30ヶ国の審査登録機関・標準団体などが集まって1999年に発行されました。ISO9001,14001に続いて労働安全衛生に関する意識が世界的に高まり、その声に応えるかたちで作られた規格です。2007年に改訂され今日にいたります。

OSHMSとは?
労働安全衛生マネジメントシステム(Occupational Safety and Health Management System)のことです。頭文字を取り、OSHMSと呼ばれています。これはOHSASのような規格ではなく、文字通り「労働安全衛生マネジメントシステム」のこと。OHSASにも大きく関わってきますが、規格ではありませんのでご注意ください。

高まる労働安全衛生への意識

高まる労働安全衛生への意識

現在、様々な企業で多くの労働災害が起きています。労働災害は企業にとって大きな社会的損失をもたらすだけでなく、従業員の人生をも左右することがある、起きてはならないものです。現在では厚生労働省からも「労働安全衛生マネジメントシステムに関する指針」が出されています。CSRの観点からも従業員満足は必須要素であり、世界的規格であるOHSAS18001は今後さらに重要性を増す規格でしょう。

ISOとの関連性

ISOとの関連性

OHSAS18001はISO化されていません。過去2回のISO化投票で僅差で敗れたためです。しかし、ISO9001,14001とはPDCAサイクルと用語を合わせており、デファクトスタンダード(事実上の国際規格)と言われています。

PAGE TOP